GW終わっちゃいますね・・・。
休み中は頭を使うことが全くなかったので、
頭脳がかなり退化しているようです。

なので、リハビリがてらデスクワークでも。
上の写真のように、
光源がハート型になるような夜景を撮影する方法を書いちゃいますよ〜。
(Google検索すればたくさん情報が出てきますので、
今更感がありますが・・・。)

既製品でもハート型のボケが作れるフィルターが売られているのですが、
レンズによってはうまくハート型にならなかったりするので、
自作しちゃいます。穴を開けるだけで簡単ですし。

 

では、必要なものを列挙します。

必要なもの
一眼カメラ(マニュアルフォーカスができるカメラ)
レンズ(口径の大きい単焦点レンズがよい)
厚紙
カッターナイフ
テープや輪ゴムなど(厚紙とレンズを固定するのに使用する)

 

一眼カメラとレンズは必須です。
(コンパクトデジカメでもいけるかもしれませんが、
ハート型を相当小さくしないとダメなので大変かも。)
次に、手順になります。

 

1、厚紙をハート型に切り抜く

カッターナイフを使って、下の写真のように厚紙をハート型に切り抜きます。
写真のハート型は、大きいものが直径3cm(上写真で使用)、小さいものが直径2cmになります。
厚紙全体の大きさは、使用するレンズがすべて隠れる程度になります。

レンズによっては、ハート型サイズの違いで、ちゃんとしたハート型にならないことがあるので、あらかじめ大きさの違うハート型を何種類(0.5〜3cmくらい?)か作成しておくとよいです。

切り抜く図形はハート型じゃなくてもよいですので、いろいろな図形を切り取ってみるのも面白いかもしてません。

 

2、カメラのレンズの前に固定する

切り抜いた厚紙をテープや輪ゴムなどを使ってレンズの前に固定します。
下の写真では、レンズにフィルターホルダーを装着して厚紙を挟んでいます。

 

3、試し撮りしてみる

暗い場所にある電化製品のLEDなどの点光源をピンボケで写真撮影してみます。
その時のカメラの設定は下記の様にします。

カメラの設定
絞り優先オート
マニュアルフォーカス
絞り開放(F値を最小にする)

撮影する際には、点光源にピントを合わせずにボカして撮影します。
そして、撮影した写真に写っている光源が、ちゃんとハート型になっているかを確認します。
(ハート型が上下反転している場合には、厚紙を180度回転してください。)

ハート型になっていなかった場合には、切り抜くハート型の大きさを変えるか、レンズを変えてやり直してみてください。

私が所有しているSONYのAマウントレンズの場合だと、
135mm F2.8 STFが綺麗なハート型になりました。
50mmや85mmでもハート型になりましたが、口径食により写真の端っこが潰れたハート型になりやすいようです。
(それはそれで面白い写真になります。)

 

4、本番

夜景やイルミネーションなどの点光源がたくさんある場所でドール撮影します。
撮影方法は普段通りでよいです。
ただし、レンズの前に付けた厚紙により光量低下してますので、シャッタースピードが稼げません。
ブレやすくなりますので、三脚があったほうがよいかもしれません。

ドールの夜景撮影時のライティングや撮影方法については、わかりやすく詳細に書かれているサイトがたくさんありますので割愛します。
(私がうまくできてないので^_^;)

一番上の写真を撮った場所は、ホテルの客室だったのですが、
フラッシュ発光すると窓ガラスの汚れが目立ってしまったので、スマートフォンのLEDライトを横からドールに当てて長時間露出で撮影したりしています。

ホテルで撮影する際には、窓ガラスが綺麗なホテルを選んだほうが良いかもしれません^_^;

 

では〜。

 

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ