DSC02727
レナ 「お〜〜〜、ほっほっほっほっほぉっ !!!」

 

 

DSC02701
レナ 「お〜〜〜、ほっほっほっほっほぉっ !!!」

 

 

DSC02731
レナ 「ってレナは、そんな高飛車な笑い声なんてしないよ〜〜〜!!」

 

 

 

お疲れモードの仕事帰り、
夕食を作るのがめんどくさかったので、
お惣菜を買って済ますことにしました。

スーパーのお惣菜コーナーには半額お惣菜がまだ少し残っており、
その中に、こごみの天ぷらがあるのを発見したのです。

こごみの天ぷらかぁ。
こんな小さなスーパーで売ってるなんて珍しいなぁ。

そのお惣菜を手に取り、
こごみの季節にはまだ早いよな〜なんて考えがふと頭をよぎりましたが、
南の地方ではもう出てるのかもしれないなどと妙に納得して、
買って帰ることにしたのです・・・・・。

 

塩で食べよか、やはり定番の天つゆか、いやいや生醤油でもいいなぁ、
などと考えながらルンルン気分で帰宅。
いつにも増して激しいご主人様の”かまって攻撃”を尻目に、
早速夕食でこごみの天ぷらをパクり。

が、口に入れ噛み砕いたその瞬間に、
違和感が稲妻のごとく全身を駆け巡ったのです。

 

口の中いっぱいに広がっていく生臭さと塩気の風味・・・・・。
ぐにゅっという艶かしい弾力のある歯ごたえ・・・・・。
これはまるで・・・・・。

え・・・・・。えっっっ!?
激しく動揺。
私の口の中に入っている”それ”は一体何っ・・・・・???

こごみじゃない!!!!!

 

激しい動揺で目が泳ぎ眼前が霞む中、
こごみの天ぷらだと思っていた”それ”が入っていたパッケージの裏の
成分表示シールを恐る恐る見たのでした。

 

 

 

 

「小ホタテの磯辺揚げ」

 

全身の緊張がほぐれ、虚脱感が全身を支配するのもつかの間、
悲しい気分に・・・・・。

磯の味は、涙の味に似ていると思う。
口いっぱいに広がる磯の風味と、見間違えた情けなさで凹んでしまいました。

こごみとホタテを間違えるなんて・・・・・。
このところ仕事が立て込んでたし、疲れているのかなぁ。
週末は仕事のことを忘れて、
ゆっくり休養する必要があるかもしれないな・・・・・。

などと考えながら、
”それ”の衣を剥ぎ取り、
私のご主人様に一欠片献上しました。
どうりでご主人様の様子が騒がしかったはずだ。

 

 

っていうどうでも良い話。
レナの写真も全然関係ないし^_^;

ホタテのほどけたヒモの部分が茎みたいに見えて、
全体が海苔で緑色になってたので、
まじでこごみの天ぷらに見えてた・・・・・。

口に入れたものが、自分が思っていたものと違っていた時って、
すごい動揺するってことがわかった(笑)

 

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ